スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人は背中を押されるのを待っている時もある

5区域が合同で上越行ってきた。
午前はスポーツ、午後は海を見に行った

9月の鵜の浜は夏の賑わいは終わっていた
ガラガラの駐車場から、浜辺に出てみる・・・海の家の柱だけが残っている

人影はほとんどない
遠くにビーチパラソルがひとつ見えた
あっ!泳いでいる

そう、砂はまだ
一人が靴を脱いで、海水に足を入れてみる

「あ~、気持ちいい!」・・・みな徐々に波打ち際に近づく
ちょっと深いところの貝を拾おうとして、袖が濡れた・・・

ある姉妹が「着替えあるから泳いでいいですか?
こういう発言はもちろん長野県民ではない
サブ~ン  皆が驚いて叫ぶ 「お~、泳いでる!!」

すると、元気な区域の姉妹達がそれに続いて、大きな水しぶきを上げる
5~6人がジャージのまま、泳ぎだした

婦人部長が、話をしていた姉妹に言った

 婦人部長 「○島さんも泳いだら?」
 ○島さん 「えっ、私は・・・・」
 婦人部長 「泳いでみたいんじゃないの?」
 ○島さん 「いろいろ考えちゃうと、飛び込めないですよね」
 婦人部長 「背中おしてあげようか?」
 ○島さん 「・・! ええ、お願いします!」

~~ザブ~ン!!!!○島さん、嬉しそうに泳いでいるなぁ
なるほど、人は時として誰かに背中を押して欲しいんだ!
日本海_convert_20110915023359

長野県には海がない。
こうして海を眺めていると、この向こうに麗水や巨文島があるんだなあって・・・世界につながっていることを実感する
・・・とかく稲刈りとか果実の収穫とかに とらわれていく心が解放された瞬間!

神様の愛と、中心の配慮に、感動した一日でした
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
↑↑クリックよろしく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jinbadaira

Author:jinbadaira
早いもので49才になった
どうりで子供も大きくなってきた
3人の子供の成長に負けないように、今日もファイティング!

Calendar
2011年4月22日からの旅
♪♪ クリックお願いします
最新記事
アクセスランキング
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。