スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目をこらしていたんだけど、お父様は既におられた!

20121209_080708.jpg ママの車に、娘と描いてみた・・12/9朝



今朝は、長野も雪景色だった
「沢山の雪が降ったら、お父様と一緒に長野に来ることができます」という、お母様のみ言を思い出す・・・

早くそのみ言に相応しいCHとなって、お父様をお迎えしたいと、みんなが伝道に燃えてきた

実体では果たすことができなかったけど、この間の1Dayにいらしていただいた

みんな、目をこらして御席を見つめながら、今か今かと待ち望んでいた・・・

大母様のみ言が始まり、「みなさん、お父様は・・・・・・総会長が花束をお渡しされた時からいらしています!」との事だった!?

すでに、いらっしゃったのだ!

僕もずっと目を懲らしていたんだけど・・・

沢山の人が、お父様を感じていた・・・

「役事の時に、スーツ姿のお父様が横を通られた」とか「3階席までいらっしゃった!」とか・・・


その1Dayから、明らかに霊界が違う! 伝道の勢いが違う。  出会う人が違う!

お父様の行かれた霊界は凄いことになっているだろう。絶対善霊達の勢いも違うだろう!


これから、地上界もどんどん変わっていくだろう!

ただ5%が土台となる事を、僕らは忘れてはいけないと思うのだ!

唯一無二のお父様を見つめながら・・・・


------------------

今朝の訓読は、原理講論「再臨論 第四節 同時性から見たイエス当時と今日」からだった・・・

真の御父母様を絶対視しながら、この道を全うしていきたい

さてと、今日も伝道だ!

基元節まで、あと75日



 つぎに、再臨のときにおいても、初臨のときと同様、天国を望んで歩みだした道でありながら、かえって地獄に行くようになる、
そのような信徒たちが大勢いることであろう。
祭司長や律法学者たちは、神の選民を指導すべき使命を担っているのであるから、メシヤが来られたということをだれよりも先に知り、率先してその選民を、メシヤの前に導かねばならなかったはずである。
イエスは、彼らがこの使命を完遂することを期待されたので、まず、神殿を訪ねて、だれよりも先に彼らに福音を伝えられたのであった。
しかし、彼らが受け入れなかったので、やむなくガリラヤの海辺をさまよわれながら、漁夫をもって弟子とされたのであり、そしてまた、主に罪人や取税人、そして遊女らの卑しい人々と応接するようになったのであった。
そしてついに、祭司長や律法学者たちが、イエスを殺害するまでにことが至ったのである。

これによって彼らは、神に対する逆賊を処刑したものと信じ、余生を聖職のために奉仕し、経文を暗唱しながら、所得の十分の一を神にささげ、祭典を行って、天国の道へと進んでいったのである。

しかし、結局彼らが肉体を脱いで行きついた所は、意外にも、地獄であったのである。
不幸にも彼らが天国へ行くつもりで歩みだしたその道が、彼らを地獄へと陥れてしまったのである。

 このような現象が、終末においてもそのとおりに起こるということを知るにつけ、我々はだれしも、もう一度自分自身を深く反省せざるを得ないのである。
今日の多くのキリスト教信徒たちは、各々、天国の道へと邁進している。
しかし、一歩誤れば、その道は地獄へ通ずる道となりてしまうのである。
それゆえに、イエスは、終末において、主のみ名をもって悪鬼を追いだし、あらゆる奇跡を行うほど信仰の篤い聖徒たちに向かって「不法を働く者どもよ、行ってしまえ」(マタイ七・23)と責めるであろうと言われたのである。
このような事実を知るようになると、今日のような歴史の転換期に生きている信徒たちほど危険な立場に立たされている者たちはいないといえるのである。

彼らがもし、イエス当時のユダヤ人の指導者たちと同じくその信仰の方向を誤れば、今日までいかに篤実な信仰生活をしてきたとしても、それらはみな水泡に帰してしまわざるを得ないのである。

それゆえに、ダニエルは「賢い者は悟るでしょう」(ダニエル一二・10)と語ったのである。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

jinbadaira

Author:jinbadaira
早いもので49才になった
どうりで子供も大きくなってきた
3人の子供の成長に負けないように、今日もファイティング!

Calendar
2011年4月22日からの旅
♪♪ クリックお願いします
最新記事
アクセスランキング
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。